Edy付の楽天カード

私は、楽天カードのEdy付きのクレジットカードを使っています。楽天カードは、初めての登録の時に全員に2000ポイントをプレゼントしてくれます。条件によっては、もっとポイントをくれたりします。さらに、多く楽天カードを使うことで、ポイントの加算率も上がってきます。100円で1ポイントのポイントが付き、ポイントは楽天市場で使うことができるので、ポイントが貯めやすく、貯まったポイントを使いやすいカードだと思います。楽天のスーパーセールでもよく、ポイント○倍というのもよく見ます。さらにEdyの機能をつけると良いと思います。最近は、Edyで支払うことができる店が増えているので、財布に現金を入れていく必要がありません。楽天カードのサイトからクレジット払いでファミリーマートなどで直接チャージすることができます。Edyで支払うと、クレジットカードのように支払いが後日になることが無く、その場で現金感覚で支払うことができ、さらにポイントも貯まります。楽天カードのeNAVIでは、自分のカードの明細を見ることができ、途中でリボ払いにすることもネット上ででき、設定金額などその他の設定も、ネット上で設定することができます。カードはJCB、VISA、マスターカードから選ぶことができます。

ポイント有効活用!

一つ目のおすすめカードは、楽天カードがお勧めです。コンビニ、スーパーなど加盟店が多く、ネットだけでの買い物では無くて普段からスマホ一つでポイント貯められます。また、ポイントカードを持っているだけで、車を持っている人はガソリンを入れてもポイントがたまり、すぐに1000円とかポイントがつきます。その貯まったポイントで自分の欲しいものを安くゲットできますよ。また、カードには、EdyなどICカードとしても使えるため、チャージするだけでポイントがたまり、クレジットカードを利用するには、気が引ける方にもご利用頂けます!クレジットカードを利用した場合、スマホで簡単にいつどこでいくら使ったか調べることもできます。ETCを使用している場合でもどのくらい利用したかわかるため、自分に合わせ抑制することもできます。二つ目のおすすめカードは、イオンカードです。イオン系列での買い物が多い地方の方でもお得に使うことができます。イオンでは、独自のワオンというICカードがあります。この機能を搭載したクレジットカードを持っていたらイオン系列のどこでも使えます。また、日にちによって5%OFFで買い物ができたり、ポイント5倍のサービスがあったり、品物によっては、250円の商品で50ポイント付くなど賢くお買い物ができます。また、貯まったポイントは、還元して、お金として使うことができます!

支払い方法の種類と手数料

クレジットカードには、基本的に4種類の支払い方法があります。まず、翌月一括払い。これは次の月に一括して引き落としされて、手数料がかかりません。いちいちATMでお金を下ろす手間もないし、大体のカード会社は利用額に応じてポイントをくれるので、私はほぼ毎日使います。金券などがポイントで貰えるのでちょっと得した気分です。それからボーナス一括払い。次のボーナス時に一括して引き落としされます。これも手数料がかからないカード会社が多いです。そして分割払い。自分で3回、10回、20回等支払う回数を決めることができますが、手数料がかかります。手数料はカード会社によって違いますが、支払い回数を多くすると、それだけ手数料も無駄にとられます。車などは高額なので分割にする方は多いと思いますが、利用額の何パーセントという額を手数料でとられるので、回数は少なくしておいたほうが良いですね。ちなみに、3回払いまでなら手数料無料というカード会社もあります。最後にリボルビング払い。これはちょっと難しいです。毎月一定の額を支払うというもので、毎月の引き落とし額が明確で覚えやすいのですが、その後他にも買い物をしていくと、支払い残高が増えていって、一体いくらに買い物をしたのか分からなくなってしまう、というデメリットもあります。車の支払いだけリボルビング払い、とか一つ二つなら把握できるかもしれませんね。こちらは手数料がかかります。そして意外に知らなかったのが、海外旅行時にカードを使った場合。買った当日は1ドル100円だったとしても、適用されるレートは、カード会社が売上データ処理をした前日のレートなんだそうです。いきなり暴落!ということはそうそうありませんが、現地で100円で買ったはずなのに、支払い時は130円になってた!ってこともあります。その上、海外利用時の事務手数料として何パーセントかとられます。換金した現金をたくさん持っていくよりはいいですが、海外でのカード利用時には、このことをちょっと頭に入れておくといいですね。

ルミネカードのクレジットカード

ルミネカードのクレジットカードについて紹介します。まず、支払日は月末締めの翌々月の4日の支払になってます。例えば、4/1~4/30まで利用した金額は、6/4に支払うということになります。金融機関などが停止だったりすると翌営業日となります。支払方法としては、4つほどあります。まずは、一括払いです。これは、その名の通りに翌々月に全ての請求金額を払うという意味です。ボーナス一括払いとは、ボーナスにまとめて支払いますということです。12/1~6/30までの期間は、8/4の支払となり、7/1~11/30までの期間は、1/4の支払となります。これは手数料や金利がかからないので、便利です。ボーナスに期待が持てる時には、利用した方が良いと思います。次に分割払いです。分割払いは、複数回に分けて支払う方法です。2回までが手数料がかからずに利用出来るので、金銭的にピンチな時に利用すると良いと思います。最後にリボ払いです。リボ払いについて、あまり知らない方がいるかと思いますが、請求金額の残高に応じて、定額化するということです。基本的には、初回のカード作成時には、五千円となってます。定額化されるので、毎月いくら引き落とされるか把握しやすいかと思います。

クレジットカードの支払方法について

リボ払いとはリボルビング払いの略で、簡単に言うと借金のようなものです。毎回支払い金額が同じで管理がしやすいだとか銀行の広告で謳っているものもありますが、リボ払いにすると金利や手数料がかかります。毎回の支払う金額は同じですが、残金がある限り支払いは終わらず金利もかかってきます。銀行に勤める行員ならば、絶対リボ払いはするなと入行時に教えられていると聞いたことがあります。キャッシングするよりかはましかもしれませんが、あまりリボ払いで支払うのはおすすめしません。リボ払いと分割払いは似ていますが、金利が違うということと、リボ払いは毎月一定の引き落としなのに対して、分割払いは購入したものの金額を分割して支払うので買い物の頻度等によっては毎月の引き落とし金額は一定になりません。ちなみに分割払いもリボ払い程ではありませんが手数料がかかります。一括払いとは、カード会社の締日の翌月に購入金額を全額支払うことです。締日と支払い日の違いについては、締日とはカード会社が定める月にいくら使用したかという締め切りの日で、前月の締日から当月の締日までに使用した金額が通知されます。支払日とは、通知があった金額が引き落とされる日のことを言います。